屋形船に乗ったことがある皆さんは、気持ち良い風に揺られながら
川面を進む心地良さに酔い痴れた思い出をお持ちだと思います。
宴会場として用いられることが多い屋形船は、脈々とした歴史のもとに成り立っていることをご存知でしょうか?
今回は屋形船の過去から現在について詳しく見ていきましょう。
屋形船の原型は奈良時代にその姿を見せているといわれています。
現代と同様に、大きな船を川面に浮かべて踊りや宴会を楽しむ場として用いられていたのです。
船の担い手は庶民でしたから、このころの屋形船は庶民の息抜きとして活用されるものでした。
平安時代にまで時が進むと、今度は貴族の嗜みとしての屋形船が登場します。

もともと屋形船は館という字に船という文字を採用しており、この時代に生まれたとされているのです。
奈良時代の屋形船とは趣を異にし、豪奢で風流な船が川面を漂っていたのです。
庶民から見たら、まるで大きなお屋敷や館が川に浮かんでいるように見えていたので、
館船という名前が冠されたという逸話まであります。
屋形船が最盛期を迎えるのは江戸時代に入ってからです。
水路が入り組んだ江戸の町では船が当たり前のように見られていましたし、
利根川のような広大な河川があったおかげで、大名が自ら屋形船を所有し、
もてなしの場や趣味として利用するのが一つのステータスとなっていました。
この時代は武士の政権でしたから、一般庶民が屋形船に乗る機会が訪れるのは非常にまれといえます。

しかし、いつの時代も庶民派工夫と知恵を凝らして楽しみを見出すものです。
武家の豪奢で絢爛な屋形船には及ばずとも、船の上に小さな部屋が載っているような可愛らしい佇まいの船を作り上げたのです。
これは屋根船と呼ばれており、乗船人数は言わずもがな、見た目が質素であることは否定しようがありません。
とはいえ、屋根船は館船に比べて庶民でも手にしやすいものとして認識され、
商人や料理屋が真似をするようになりました。
現代における屋形船の中にも、少人数でしか利用できないタイプがあります。
屋根船をヒントにしている面もあるのかもしれません。

浮世絵などを参照してみても、河川に大小様々な種類の屋形船が浮かんでいる姿が描写されています。
江戸時代の後期になると、一般庶民の中にも自前の屋形船や比較的豪奢な屋根船を持つ者が増えてきたのです。
世界大戦の時代を迎えると、一時期下火になる屋形船ですが戦後はまた脚光を浴びることになります。
バブル経済がはじける前の1980年代には、船遊びの魅力が再認識されるのです。
庶民や貴族、そして武士といった様々な立場の人が愛好してきた屋形船は、
現代においても日本の風流な景色を彩ってくれているのです。